セキュリティの設定(PC専用)

「アクセス元ドメイン制限」は、設定されていない場所からはウォレットにアクセス出来なくし、不正アクセスを防止する非常に強力なセキュリティ対策です。お客様ご自身がアクセスできなくなる場合がありますので、「アクセス元ドメイン制限を有効にする前に」を必ずお読みいただいたうえでご利用ください。

セキュリティの設定

アクセス元ドメイン制限

アクセス元ドメイン制限の有効・無効を切り替えることができます。

許可ドメイン

最大5つまでのドメインを登録・確認することができます。

アクセス元ドメイン制限を有効にする前に

01

自宅と職場などの2か所以上を登録したいとお考えですか?

職場のドメインのみを設定した上で「アクセス元ドメイン制限」を有効にしてしまうと、自宅にお帰りの際に、自宅からではウォレットにアクセスできなくなってしまいます。その逆も同様です。職場と自宅の両方のドメインの登録を済ませるまでは、有効にしないでください。
02

職場の企業ホームページのアドレスがドメインとは限りません。

お勤めの企業のホームページのアドレスが「http://www.△○△○.jp/」であっても、ドメインが「△○△○.jp」であるとは限りません。ドメインに関して詳しいお客様以外は必ず、設定時に自動で取得される「現在ご利用中のドメイン」に表示されたドメインをご利用ください。
03

プロバイダのサービス名がドメインとは限りません。

プロバイダのサービス名が「○△○△」であっても、ドメインが「○△○△.jp」であるとは限りません。ドメインに関して詳しいお客様以外は必ず、設定時に自動で取得される「現在ご利用中のドメイン」に表示されたドメインをご利用ください。
04

メールアドレスの@以降はメール処理のためのドメインです。

見た目は全く同じですが、メールアドレスの@以降の部分はメール処理のためのドメインであり、インターネット接続用のドメインとは別のものです。ドメインに関して詳しいお客様以外は必ず、設定時に自動で取得される「現在ご利用中のドメイン」に表示されたドメインをご利用ください。
05

IPアドレスを登録されるお客様は特にご注意ください。

IPアドレスは、必ずネットワーク管理者もしくはプロバイダにご確認いただいた上で、固定で提供されているIPアドレスのみご登録ください。よくわからない場合はIPアドレスのご登録はご遠慮ください。
06

プロバイダの合併などでドメインが変更になる場合があります。

ドメインが変更になる場合、通常はプロバイダから事前にお知らせが届きますので、お客様には指定している許可ドメインの設定を新たなドメインに変更していただく必要がございます。ご了承ください。

お手続き手順 -許可ドメイン登録-

1.メニューの選択

1.メニューの選択

手続きメニューの「設定」からセキュリティ欄の「登録」を選択します。
2.ドメインの登録

2.ドメインの登録

最大5つのドメイン名を入力(または変更)し、「内容を確認」を選択します。
3.ドメイン名の確認・確定

3.ドメイン名の確認・確定

登録ドメインを確認し、「登録」を選択すると許可ドメインが登録されます。
※アクセス元ドメイン制限欄の「有効にする」を選択するまでは有効になりません。

お手続き手順 -アクセス元ドメイン制限の設定-

1.アクセス元ドメイン制限の有効化

アクセス元ドメイン制限の有効化

アクセス元ドメイン制限欄の「有効にする」を選択すると、次回のログインより許可ドメイン登録で指定したドメインからのみアクセスができるようになります。
1.アクセス元ドメイン制限の無効化

アクセス元ドメイン制限の無効化

アクセス元ドメイン制限が有効の状態ではボタンが「無効にする」になります。「無効にする」を選択すると、次回のログインよりアクセス制限を解除します。